MD38用のDRCエッジホルダーキットで、CRF250L(MD44)のフェンダーレス化がオススメです!

CRF250LとCRF250RALLY CRF250L
この記事は約8分で読めます。

9月の中旬、まだ増税前の8%の消費税率の段階でHONDA CRF250Lを新車で購入することにしました。

しかし、

増税前の駆込みによるものなのか?ただ決算と重なって納期が遅くなっているのか?はっきりしませんが、9月下旬~10月初旬に販売店に到着予定だった車両がいまだに販売店に到着する目処がついていないようです。

納期が遅れる可能性は十分にあったので想定内ではありますが、現物を確認しながらの部品の手配ができないので困ったものです。

新車が到着次第、手を入れようと思っている箇所は、

  • フェンダーレス化
  • マフラーをFMFのPOWERCORE 4SA HEXに交換

この2箇所だけ新車購入と同時交換のつもりで予算を組んでありました。

FMFのマフラーはFMF取扱代理店である、丸川レーシングさんに確認の上、品番を確認して注文したので間違いはないはず。

あとはフェンダーレスをどうするか?

それほど下調べしたわけではありませんが、価格、品質の兼ね合いからDRCのエッジホルダーキットを購入するのがベターな選択肢のようです。

実際に取り付けました。2019/11/1

MD38とMD44のCRF250ではフェンダーレスキットの品番が違う

マフラーは入手済みのため、

残すフェンダーレスを事前に購入しておこうと考えました。

DRC | DIRTFREAK
オンロード オフロード モトクロス エンデューロなどのオートバイ用品は【ダートフリーク/MOTO】でどうぞ!

DRCさんのサイトで確認していると、どうやらMD38とMD44ではフェンダーレスキットの品番が違うようです。。。

モトレッド エッジホルダーキット CRF250L/M/RALLY
CRF250L/M/RALLY用に専用設計した「エッジテールライト」、テールライトステー、カバーのセット。
純正フェンダーと交換するだけで大幅は軽量化を実現し、車体に近づけた事でマスの集中にも貢献。
テール周りにフィットするスリムデザインはリヤ周りをスポーティに演出。車体へと繋がるテールライト下部には、配線部への泥の浸入を防ぐためのカバーを装備。テールライト取付穴は長穴にすることで好みの取付位置が選択可能。ステーには8mmのウィンカー取付穴と純正ウィンカー取付穴を備える。
素材:スチール

適合 :
CRF250L/M -’16 純正ウィンカー対応
品番 :
D45-18-707 (レッドレンズ)
D45-18-507 (スモークレンズ)
価格 :
¥8,800(¥8,000)
適合 :
CRF250L/M/RALLY ’17- 純正ウィンカー対応
品番 :
D45-18-708 (レッドレンズ)
D45-18-508 (スモークレンズ)
価格 :
¥8,800(¥8,000)

DIRTFREAK

モトレッド エッジホルダーキット

何が違うのかなー?

と調べてみると、どうやらウィンカーの形状が変わっているようでMD38用のフェンダーレスとMD44のフェンダーレスキットの純正ウィンカー取り付け穴が明らかに形状が違います。

17年以降生産のMD44に関しては、

D45-18-708 と言う品番の末尾が8のフェンダーレスキット。

MD38の車両に関しては、

末尾が7のD45-18-707と言う品番が指定品番になります。

今回自分は、

あえてMD38用のD45-18-707のフェンダーレスキットを購入することにしました。

DRCのMD38用とMD44用のフェンダーレスキットの違い

なぜCRF250MD38用のフェンダーレスキットを購入したのか?

答えはここにあります。

DRCのフェンダーレスキットにはウィンカー取付用の穴が2種類空いています。

上側に8mm。

下側に純正用。

508

現行モデルであるMD44用のフェンダーレスキットを購入すると、

このように特殊形状の純正ウィンカー穴が大きく空いてしまいます。こうなると一般的な10mmのウィンカーを装着することが難しい。上側の8mm穴を加工するか、ウィンカーのブラケットをまた別途購入するか?

それもまた面倒だと言うことで、

507

そんな理由からMD38用のD45-18-707と言う型番のDRCフェンダーレスキットを購入することにしたわけです。

これなら上の8mmを使ってDRCのLEDフラッシャーを使うことも出来るし、下側に10mmのウィンカーを仕込む事も全く問題になりません。

この選択をするメリットは、

10mmの選択肢がいっぱいあるウィンカーの中から選び放題

デメリットは、

特殊形状のMD44用の純正ウィンカーが使えない。

このようになります。

どうせフェンダーレスにするくらいだからでっかいミカンのような純正ウィンカーを流用せずに素直に社外ウィンカーに変える方がスッキリするし、MD44用のフェンダーレスキットを選ぶ必要性は全くないと思います。

CRF250のMD44にMD38のフェンダーレスを装着するために必要なもの

でかいミカンな純正ウィンカーを外し、社外ウィンカーに変える。

これが17年以降のMD44にMD38用のフェンダーレスを使うための最低条件となります。

素直にMD44用のフェンダーレスを購入すればウィンカーは純正のままでも大丈夫です。が、我慢できずに交換したくなることは簡単に想像できますけども・・・

CRF250Lのウィンカーは21Wのバルブが入っているようで、

ウィンカー交換すること=ウィンカーリレーの交換も必須

と考えていいでしょう。

とにかくウィンカーを手配する

ひとまず、絶対条件であるウィンカーを探しました。

そう、安物。

4個で1200円程度でかつ送料無料という激安なウィンカーを購入してみました。

予想通り安っぽいですが、十分でしょう。

LEDウィンカー

4個セットでこの値段なんで壊れても文句言いません。

LEDウィンカー4個

ひとまず開封とともに動作確認をしておきましたが全て問題なく点灯していて一安心。

LEDウィンカー点灯確認

造り自体は値段相応というか、プラ部分のバリが残ったままだったり、裏面のポジションランプに該当する部分はもちろん防水など考えられていない構造。

裏面のバリ

使う前にはポジションのレンズ部分のバリを取ってレンズ部分の防水加工をしておくことが最低条件だと思われます。

ついでに安っぽく背面が蒼く光るポジション配線は使わないので根元からカットしておきます。

簡単に取れる

値段につられて買ってみましたが、多分そのうち水が入って点灯不良になって使えなくなってワレンズを買いなおしている姿が思い浮かびます。

やっぱり正解はキタコのワレンズ一択だと思いますw

ということで、車両も手元に無い状態なのにMD38用のDRCのエッジホルダーキットに安物ウィンカーを設置しておきます。

MD38用のDRCエッジホルダーキット

もちろん購入したものは、MD38用のDRCエッジホルダーキット。

D45-18-707

8mm用のウィンカーステー穴と10mm用のウィンカーステー用の穴が空けられています。

どう考えても純正ウィンカーをどうしても使いたい!

という人以外はMD38用のDRCエッジホルダーキットを購入すべきだと思うんですが・・・

DRCエッジホルダーキットに配線を通す

上側の8mmには安物LEDウィンカーは取り付けできないので、下側の10mmの穴を使用します。

DRCエッジホルダーにウィンカーをつけた画像

何の問題もなく10mmの安物LEDウィンカーを取付することができました。

ウィンカー側の防水とともに、DRCエッジホルダーキット付属のテールランプ側も一度外して配線部分の防水加工を施しておきます。

事前情報によれば何の問題もなく取り付けできるようなのでMD44用のDRCエッジホルダーキットを買わず、MD38用のエッジホルダーキットを買って大正解だったハズ・・・。

ウィンカーリレーは必須

ウィンカーリレーを交換しておかないとハイフラになります。

値段だけでいえば、

モトレッドICリレーと別途カプラーを購入するのが一番安上がりな方法だと思います。

面倒であれば、

POSHのワイドワットウィンカーリレーを装着すれば済むだけっぽいです。

まだ、実車が手元に来ていませんのでなんとも言えませんがw

自分はたまたま、メルカリで安くPOSHのワイドワットウィンカーリレーをゲットすることができたのでラッキーでした。

まとめ

フェンダーレスにしようと考えている場合には、大抵社外ウィンカーにも変えるつもりでいるハズなので、MD44のCRF250だったとしてもCRF250ラリーだったとしてもD45-18-707というMD38用のエッジホルダーキットを買う方が後々の拡張性から考えてもメリットは大きいと思います。

とりあえず純正ウィンカーを流用しておいてそのうち社外ウィンカーに。

と考えてMD44用のエッジホルダーを買うくらいなら同時に社外ウィンカーに変えてMD38用のエッジホルダーキットを買うべき。

ウィンカーは絶対純正ウィンカーだ!という場合は別ですが・・・

今のところ手配が済んでいるパーツは、

  • FMF POWERCORE 4 マフラー
  • DRC モトレッド エッジホルダーキット
  • 中華製であろう安物LEDウィンカー

こんな程度ですが、この記事を買いている途中でやはりどうしてもこの見た目に対して違和感のある純正ミラーを変えるべく・・・

CRF250L新車2019

タカツのトライアルミラー左右を購入してきてしまいました。。。

ちなみに定番のアンダーミラー化させて使う場合、

右ミラー側には左用を、左ミラー側に右用を装着するのが定番です。

とりあえず手元にこれくらい部品が揃っていればしばらくはニヤケながらバイク通勤できそうです。

いや・・・

これ以上納期が伸びてしまいそうなら、ハンドガードとか手を出してしまいそうなんで早く車両が到着してほしい・・・

CRF250L
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする

あわせて読みたい

スポンサーリンク
バイクツーキニスト ブログ

コメント